AT341 古備前片口鉢

KoBizen Katakuchi Hachi. Momoyama-Edo.with wooden box.
W16.5−16.0cm H7.0cm
Weight 736g

桃山時代から江戸時代初期に作られた古備前の鉢です。底に土板を置いてから土紐をはわせながら立ち上げる擂鉢の技法と似た作行です。ややたわんだ姿形が備前の力強い焼けに柔らかさを見せています。薪の灰が被り窯変した青黒い肌やサンギリとなった景色が複雑な景色をつくっています。箱に青備前とあるのは、灰色に窯変したものを青味とみたところでしょうが、塩窯で焼く近年の青備前とは意味が異なります。底面に一文字の窯印。香の物鉢、菓子鉢、お造り盛りなど、とても存在感ののある器です。夏場でも水を打てば土味が冴えわたり涼となります。※特筆すべき欠点は見られません。箱付き。
販売価格
65,000円(内税)
購入数