AT289 李朝白磁茶碗

Richo Hakuji Chawan. Richo period. with wooden box.
W15.3−15.2cm H8.6cm
質量486g 桐箱付

李朝時代初期に作られた白磁の碗です。もともとは鉢として作られた祭器の部類ですが、大きさがギリギリ茶碗でお使い頂ける価値ある一碗です。残念ながら本銀補修による直しが見られます。上がりは良く、キンとした焼き抜かれた質感ながら、釉薬の生掛け感と胎土の温かみのある朝鮮古陶磁です。ズシリとした重量感も魅力です。気さくにお抹茶を点てて頂くのはもちろん、今の季節は涼となりますので枝豆などを大胆に入れて頂いても一興です。李朝はそうした使い方の方が似合います。※指摘した直しの他、特に使用に問題はないと思います。見込みの砂目は重ねて焼いた痕です。口縁や胴部などの釉薬の薄い部分はキズではございません。ご了承くださいませ。桐箱が付きます。
購入数
売り切れ