AT282 李朝白磁祭器

Rucho Hakuji Saiki. Richo period. without box.
W12.2−12.0cm H6.5cm
質量430g

李朝時代初期の白磁台皿です。そもそもは祭器として焼かれたもので、供え物や杯台などとして用いたようです。本品は上部の皿の径に対し高台が広くとられておりズシンとした存在感が魅力です。肉厚の器形であることも貴重な造形バランスです。天面は砂目の重ねて焼成された跡がございます。落ち着いた良い色味でお料理も映えてくれます。特に傷みはございません。箱は付きません。日々気さくにお使い頂きたい朝鮮古陶磁です。
購入数
売り切れ