AT231 南宋米色白磁碗

Souhakuji wan. Sou period.China 12th century.with box.
W15.7−15.7cm H6.3cm
質量359g (桐箱付)

中国南宋時代頃の白磁です。日本の平安末期鎌倉にあたる時代。発掘品で安価ですが状態は良い古陶磁として十分愉しめます。やや端反りさせた口縁の碗で深さもあり茶碗に見立てることも可能です。高台に堅さを感じる磁肌を見せ、全体に透明釉が施されています。見込みには細かなカンニュウと目跡が四つ有り味わいがあります。手取りも心地よい重心があります。個人的にには独酌や酒宴でのおつまみを少し盛るのに絶妙なサイズと雰囲気です。※写真で指摘のニューがございますがさほど気にはならない状態です。見込みに降り物がございます。ご了承ください。
購入数
売り切れ