AT187 瀬戸絵油皿

Seto Abura Sara.Edo period.with box.
W22.6−22.6cm H2.5cm
質量673g 箱付

行燈の下に油を受けるためのお皿です。行燈皿などとも呼ばれますが、実際に使われた油滲みがあるものが珍重され、そのえも言われぬ滲みの景色が数寄者を魅了してきました。民藝と云えばそれまでですが、古美術的な評価も出来る雰囲気のあるものです。縁に僅かにアタリがある程度で、実用の油皿としては良い状態です。洒脱な山水の絵。江戸時代ごろのものです。合せ箱が付きます。同手に近いものを参考文献として「瀬戸絵皿の美」秦秀雄著より掲載しました。
販売価格 25,000円(内税)
購入数


Calendar

2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
灰色は休店日です。
OPEN 10:00-17:00
事前のお問い合わせは
TEL 025-512-1055
info@gallery-kenshinan.com
Glay is Closed.Many Thanks.
Top