AT181 鉄の手燭

Tesyoku.edo period
W26.0−12.0cm H14.5cm
質量488g

江戸頃に作られた鉄製の手持ち燭台です。真鍮や胴のものもありますが、やっぱりこの鉄の枯れ具合、さびついた景色が見所となります。本来の用途でロウソクを立てて酒宴の灯かりとりでも雰囲気が良いですが、縦にしたり横にして野の花を活けると何とも良い空気を放ちます。手ごろな古民芸で愉しめます。写真はシャラの木(夜明け前)を一枝。活けてある少し時代のある小さなガラスのコップもお付けします。
「古民芸と野の花」展覧品
販売価格 9,000円(内税)
SOLD OUT

Calendar

2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
灰色は休店日です。
OPEN 10:00-17:00
事前のお問い合わせは
TEL 025-512-1055
info@gallery-kenshinan.com
Glay is Closed.Many Thanks.
Top