AT177 和鏡 銅製

Wa-Kagami.Edo period
W11.0−11.0cm H1.0cm
質量157g 箱付

江戸時代頃に作られた日本の銅製手鏡です。あまり大きなものではなく飾り易いものです。もともとは銅の黄金色を放ち姿を映した銅鏡ですが、腐食が進んで緑青が表れており、鑑賞の見所でもあります。菊文や鶴などが描かれていますが、腐食によって全て葉分かりません。キズはありません。箱が付きます。
特別展「古民芸と野の花」展覧品
販売価格 7,000円(内税)
購入数


Calendar

2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
灰色は休店日です。
OPEN 10:00-18:00
事前のお問い合わせは
TEL 025-512-1055
info@gallery-kenshinan.com
Glay is Closed.Many Thanks.
Top